2005年9月21日

 前日のような無理を重ねた営業の仕方は、他社だけでなく、弊社スタッフも行ったことがある。上司として、一緒に営業に回った時の出来事。

 営業体験の為に、部下ひとりで家を訪問させる。しばらくして出て来た部下から、無事契約することができたと聞かされる。初め「それは善かった」と喜ぶが、それもつかの間、詳しい事情を聞くうちに、唖然とする思いになってしまった。

 そのご家庭は寝たきりのご老人が住まわれており、その方の判断能力が必ずしも高くない事を知りながら、話に相手方を上手にのせ、短時間で契約までこぎつけたとの事。当人には、営業マンとしてよりは、人間としての最低限のルールを守る様に伝え、帰社後、直属の上司にこの件を伝える。後日、その方のお宅を再訪問し、事情を説明した上で、クーリングオフさせて頂きました。

 部下を営業させる上でのリスク管理の重要性を思い知らされた一日でした。

2005年9月21日

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です