2005年11月08日

 お客様がとても気にいっている様子で、でもどのサイズがいいかを試着で試しておられる時に、スタッフが「似合わない」と思わず、言ってしまった場面に遭遇した事があります。

 もちろん、そのお客様は、大激怒して、そのまま帰って行かれました。スタッフ側からすれば、そのような意図はなく、「もっと、似合う素敵な商品」を薦めるつもりで発言をしたのでしょう。しかし常連で来られる人とは違い、通りすがりで偶然に来店されたお客様には、そのような気持ちが伝わる訳もなく、単にダメ出しをされたと受け取られたのでしょう。

 それでは、この様に、お客様の好みと、多分似合うだろうなと思われる商品にズレがあると思った時、スタッフは、どのように対応すればいいのでしょうか?しかも、自分の強みを最大限引き出す形でするにはどうしたら良いのか?次回、それらの事について考えて行きたいと思います。

テクノラティプロフィール
DMers by BlogPeople

2005年11月8日

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です