「23歳の日本人女性」は世界で最も恵まれている!

毎日の生活習慣の中で作られる、所謂「ものの見方」、つまり思考スタイル*の中で、人は周りの人々や自分自身と対話を繰り返している。そしてそのスタイルがあまりに習慣化して定着しているが故に、軌道修正も難しい。当然と思える内容が、これからも通用するとは限らないし、変化する時代の中では、むしろ変化しないと考える方が普通ではない。

“「23歳の日本人女性」は世界で最も恵まれている!” の続きを読む

選択肢

 「7つの習慣」のジェームズ氏によれば、人の行動の源泉には4つのパターンがあり、それらを象徴する言葉として、恋人、戦士、魔法使い、そして王様を上げている。すなわち、恋人とは、人との関係を深める力を、戦士は一度決めた事をやりきる力を、魔法使いとは無から有を作り出す力を、そして王様は周りの人達を見守り、ビジョンを作り出す力を、象徴している。これらの4つの力がバランス良く発揮されている時、その人は葛藤の少ない状況にいるだろう。

“選択肢” の続きを読む

Go, or No Go

人の一生は、その時々の「行動する・行動しない」の積み重ねから生まれてくる。そして、その行動の有無を作る中心には、意識の有無に関係なく、成長したり何かが出来たりする「力」、人間関係や環境との「安定」、知識欲や好奇心を満たす「知恵」、意味や意義を求める「貢献」の4要素への充足感がある。これらの4要素の充足のバランスが崩れ偏ってくると、一貫性のある行動が出来ず、内外で問題が生じてくる。

“Go, or No Go” の続きを読む