柔軟性

は、何らかのストーリーに身を置き、その主人公として動いている。多くの場合、その背景や小道具や衣装を変えながらも、結局、同じキャラクターを登場させる事でそのシナリオを繰り返し使い、同じ様なエンディングを迎える。

例え、それが幸せでないエンディングだとしても、そこに至る手順やアプローチは変えようとしない。変えなければ、同じ状況に辿り着くと自覚していても、である。慣れ親しむ事の方が、幸せな状況を作り出す為のアプローチに変える事より優先順位は、はるかに高いらしい。

しかし、これからの社会の変化は益々、加速しているなと感じている。職に対する見方、AIの進化による特定の職種の衰退、外国人社会的価値観の多様化など。今、ある職もひょっとすると、10年後には消えているかも知れない。そんな時代である。

さて、そんな時代に必要な事は、自身にとって意味のある目標を達成する上で、効果的なストーリーを、その都度、柔軟に組み替える力である。

コメントを残す