ストーリー展開

 人は様々な経験を積み重ねていくと、いくつかのストーリーを頭の中で紡ぎ出す。そしてそのストーリーが完結する様に、自らの言葉や行動を動かしていく。たとえ、それが不幸な結末に終わると「頭」で理解していても。


 これらの経験は、全て過去の積み重ねに過ぎない。どこに焦点を合わせるかは、全てその人の判断に委ねられている。10年、20年、時が過ぎれば、いずれそれらの出来事に関わった人々は視界から消え去る。そして最後に残るのは、貴方自身のみ。
 人は幸せになる為に生まれてきた。金と泥のどちらが役に立つだろうか?自らの価値を下げる様なストーリーから、より良き未来を描けるだろうか。大事な事は、どの様な未来を描きたいのかである。後ろを向いて走るより、前を向いて走る方が、はるかに楽であり、的確だ。貴方は次にどの一片を埋めて、ジグソーバズルの絵を完成させたいのだろうか。

コメントを残す