転職先での人間関係


転職先に関わらず、人間関係というのは非常に複雑になりがちなものです。入社した当初は席が偶然隣り合わせになった同僚や仕事の分担をしている人と話をする機会が多くなるでしょう。そしてそこから仲の良い何人かのグループが生じ、男性は酒を飲みかわし、女性はお茶をする事で親密度が増してくるかと思います。

 しかし誰ともつき合わず、一人きりでいることが多かったり、特定の人としか話をしないでいると、他の社員から敬遠されるようになりがちです。このように人間関係の輪が広がらなければ、役割分担で機能することの多い仕事の場合、その仕事をこなすことは非常に難しくなるのは明らかです。

 更に仲の良い人以外の同僚の悪口を言う人も見受けられます。しかしこのような事をしていると、ちょうどブーメランの様に、後で仲の良い友達だと思っていた人から、自分自身の悪口を言われていたなんて事もありますので、やはり人を貶めるような事は言わない方がよいかと思います。

 やはり入社して当分の間は、良い悪いの評価を安易に下し、人との距離感を決めるのではなく、「人」として「別な人」とコミュニケーションをとっていく姿勢に徹していく方が、社内でのより良い人間関係を築けていくのではないでしょうか?

 

コメントを残す