頭の整理整頓

 ファッション雑誌の中で、「コンサバ」「モード」という言葉をよく目にする。初めは何気なく使っていたが、ふと気づいた。これって具体的にどういうこと?て。分かるようで、実際説明する時には、「????」が頭に飛び交い、結局「これとか、これのこと」とかの説明の仕方になってしまう。さてさて;-)

 改めて見つめ直してみて分かった。つまりコンサバとは、バランスがとれているアイテムであり、逆にモードは作品のどこかにアンバランスな感覚を取り入れたものである事が。また分類用語としてよく使われるのが、「フェミニン」でスカート系、「マンニッシュ」のパンツ系。前者の分類は対人関係を中心とした活動環境を念頭に考えられているのに対し、後者の分類は、活動内容の程度が中心みたい。

 こんな風にそれぞれいわゆる服はポジションニングされている訳だけど、果たしてこの分類にどんな意味、意義があるのだろう。どんな服でもいい、裸以外ならと言う人は別にして、人がある服を選択するときには、必ず一定の状況をイメージしているはずで、その状況と服がぴったりあえばルンルンだし、どうしもズレを感じて仕方なく着衣してしまえば、どこか引きずる感じになってしまうだろうし。こんな場面でこのポジショニング的な知識があると、頭が整理整頓されて、すっきり迷いなく服のコンビネーションができるんじゃないのかな。

コメントを残す