「今年流」vs「自分流」

 20代後半のくらいの女性が「今年らしい装いの服は何にしたらいいのですか?」とスタッフに尋ねてきた。彼女の様子から、とにかく一着でもいいから買っておきたい気持ちが見えた。

 そこで、スタッフは「今年らしさもいいけど、自分らしいスタイルにしては如何ですか?」とアドバイスをした。そして「更に流行のものをひとつ合わせて、そこに取り入れられたら、自分らしく、しかも今年らしい装いになりますよ。」とも付け加えた。そのお客様は、買い物を済ませられ、満足な表情で帰られた。

 この日の出来事を通じて、どれだけの接客が行えるかで、お客様が満足して帰って頂けるか否かが決まる事を改めて再認識させられた。

コメントを残す