Happy-Birth-Day

〜いつまでも輝き続ける為に〜

 貴方の人生は、貴方の周りにいる人達が貴方に願っている姿の通りになる。どれだけそれを避けようとしても、当初望んでいた方向から徐々に外れ、振り返ってみると、あの時、あり得ないと思っていた姿が鏡に映っている。人が一番死ぬ間際に後悔する事は、「失敗した」事ではなく、「想いに秘めながら結局しなかった」事である。
 もし今、子供時代、当たり前の様に感じていた「ありふれんばかりのエネルギー」が無いとするなら、それは他人では無く、貴方自身が自らが創り上げた檻に投獄させているから。こんな逸話がある。サーカスで巨象の足を、杭で固定した細いチェーンにつなげておく。その象は逃げるだろうか?否、その場から動かず、ただひたすら、そこに止まりそのチェーンから外されるのを待つ。第三者的にみるなら、その巨象の力を持ってすれば、そのチェーンは直ぐに切れるだろう。しかし、その巨像は小さな象の時代からそのチェーンでつながれ、何とか動こうと試して失敗を繰り返している内に、頭の中にそのチェーンがとてつもない存在に成り上がってしまった。そしてどれだけ自らの図体が大きくなっても、その巨象の頭の中は「小さな象」のまま。
 さて、「小さな像」だと信じきっている巨像の貴方、自らを変えるのは他人ではない。自らの一貫性。もし常に心のどこかで「好奇心で輝きたい」と想っている「もう一人の貴方」がいるなら、それは貴方の可能性。「馴染みの世界」から第一歩踏み出す決断が必要。「わがまま」と言われる?それは、貴方が変わる事で自分の環境が不安定になる事への不安から出た言葉。
 人は、Happy-Birthdayの末に産まれてきた。人の1日1日は常にHappyであるはず。嫉み、悪口、卑下なぞ縁のない状況であるべきで、貴方には、「ありふれんばかりの幸せ」になる権利がある。心の中で囁く内なる声は、今、何と言っているのだろうか?

コメントを残す